田中の胃袋in the city

主にホテルやUSJ、映画やゲームについて書きます。稀にそれ以外の題材も扱いますが、基本的にエンタメ重視でやっていきます。

仮面ライダージオウ 11、12話は鎧武編!佐野岳さんと小林豊さんの本人出演決定!ヘルヘイムの森も確認

皆さんこんにちは!

 

次回から始まる鎧武編に葛葉紘汰役の佐野岳さんと、駆紋戒斗役の小林豊さんの出演が発表されました。出演する回としては、11/18日放映予定の第11話と、その翌週である11/25放映予定の第12話となっているようです。

 

 

更に11話は「もう一人のソウゴ」が登場するなどシナリオ的にも非常に気になりますね。

www.youtube.com

 

解禁されたシナリオでは、別の惑星で神をやっている紘汰や、ヘルヘイムの森にいる戒斗なども確認できます。以下のURLから確認できます

www.tv-asahi.co.jp

 

そろそろ冬映画の特報も解禁して欲しいですね。

 

FF15 DLCの4本中3本が製作中止!エピソードアーデンの詳細も発表!中止になったタイトルにも希望が・・・

皆さんこんにちは!

 

結論から言いますと、2019年度のリリースが予定されていたFF15DLC「新たなる夜明け」ですが、その中に含まれるラインナップ

 

エピソードアーデン

エピソード2 ルナフレーナ「自由という選択」

エピソード外伝 アラネア「終わりの始まり」

エピソード3 ノクティス「最後の剣」

 

上記のうち「エピソードアーデン」以外の全てのエピソードの制作中止が発表されました。「エピソードアーデン」は引き続き開発が進められ、来年の3月にリリースされる予定だそうです。

 

「エピソードアーデン」の気になる内容としては、約30年前のインソムニア(新宿)が舞台で、アーデンが王家に対して復讐を開始する物語ですね。アーデン自身が怒り、憎しみ、悲しむという、人間味を描いていくそうです。

www.youtube.com

エピソードイグニスで確立したワイヤーアクションを発展させたものも用意されているそうで、物語の補完という意味でもゲーム性という意味でも最高傑作になりそうです。

 

また、「エピソードアーデン」の前日譚となる「エピソードアーデン プロローグ」というアニメーション作品の制作も発表されました。おそらくこちらはアーデンが復讐に走るきっかけとなった2000年前の事件が描かれるのでしょう。

 

「エピソードアーデン」が非常に面白そうなだけに、その他のDLCの制作中止のニュースは非常に悲しいですね。とはいえ、ゲームとは異なるなんらかの手段で物語を提供したいという発言はされていたので、期待して待ちましょう!

PS4のスパイダーマン!Marvel’s Spider-Manを50時間以上プレイした感想!不満点と痺れた点!全部書きます!

こんにちは!

 

今更ながらPS4 スパイダーマンこと『Marvel’s Spider-Man』をプレイしたので、感想のほうを書いていきたいと思います。ちなみにプレイ時間は50時間以上、メインストーリーはクリア済み、サブクエストもほとんどコンプリートした状態です。

 

ちなみに前提として、僕のスパイダーマンに対する理解度は原作未読、映画はサムライミ版、アメスパ、MCU版(シビルウォー、インフィニティウォー含む)を全て鑑賞した状態です。若おかみと仲良しのヴェノムは近々見に行きたいと考えています。こんな感じの状態でプレイしました。

 

あ、あと肝心なことなのですが、僕はこれの一つ前のスパイダーマンゲームにあたるアメイジングスパイダーマン2をプレイし、心底ガッカリした過去があります。それを踏まえた上で、抱いた感想を書いていきます。

f:id:tonii393:20181103102650j:plain

出典元

 

進化したオープンワールド!何もかもがシームレス!

まず最初に感動したのは、全てがオープンワールドで、戦闘やイベントシーンなどにもシームレスに移行するという点です。一部ロードを挟むシーンもありますが、別段気になるほど長くない上に、本当に最低限なので問題はありません。

 

とはいえ、今時のPS4オープンワールドなら、上記のことは"やって当然"のことで、洋ゲーのみならず日本国内のゲーム(ドラゴンエンジン以降の龍が如くFF15等)でも普通にやっていることです。アメコミキャラゲーについても、バットマンアーカムシリーズはPS3の時代から当たり前のようにやっていました。

 

ただ、その当たり前がこれまでのスパイダーマンのゲームでは"できていません"でした。具体的にはアメイジングスパイダーマン2のゲームですね。これはPS3初期のゲームとかではなく、PS4でもリリースされているゲームです。

 

www.youtube.com

これの何がヤバイって、たとえば路上で発生する強盗事件。

 

今回の新スパイダーマンでは軽快に発生地点まで移動し、シームレスに戦闘へと移行します。強盗たちを倒さずに移動しにいくことも可能ですし、強盗達を倒した後にまた探索に戻ることも可能です。いずれにしてもロード画面などは挟まずに全てをシームレスに行うことができます。

 

しかし、アメスパ2のゲームでは全ての戦闘でロードを挟むのです。それほど長時間のロードではありませんが、強盗程度でいちいちロードを挟まれていてはストレスが凄まじいです。

 

今回はそれが完全に解消されていて、スパイダーマンのゲームがその他の洋ゲーの水準に達したということにまず感動しました。

 

軽快な移動!オープンワールドとスパイディーの相性は抜群!

 

さて、ここまではようやくスパイダーマンバットマン等の他オープンワールドゲームと同じフィールドに立った、というお話です。言わばやって当たり前とも言える要素なのですが、ここから先は当たり前以上の要素になっています。

 

スパイダーマンオープンワールドということで、当然のことながらプレイヤーの思うがままにニューヨーク内を自由に移動することができます。これ自体は当然のことなのですが、スパイダーマンの移動との相性が抜群過ぎて、移動の気持ちよさはこれまでプレイしてきたオープンワールドゲームの中でも屈指の出来!

 

スパイダーマンらしい移動の気持ちよさ自体はアメスパ2でもある程度再現されてはいましたが、グラフィックの向上、あらゆる個所のシームレス化、そして更に細かい挙動やモブのAIの向上、ど派手な演出などにより、更なるステージに行ったと言っていいでしょう。

 

特に街全体を使ったヴィランとの戦闘は、限定的な空間のみの戦闘だった前作アメスパ2では絶対に味わえないものです。

 

まさにスパイダーマンだからこそ実現できた究極のオープンワールド体験と言っていいでしょう。

www.youtube.com

 

 

映画版と戦える極上のシナリオ体験!

本作の特徴の一つとして、シナリオにも非常に力が入っているという点です。まずベンおじさんの死は当然の如くスキップで、スパイダーマンは既に社会人で、既にピーターパーカーがスパイダーマンとして活動を始めてから、数年が経過しているという設定になっています。

 

映画の設定をなぞらずに完全にゲームオリジナルな初期設定となっていて、制作側の自分たちのスパイダーマンをやろう!という強い意志を感じます。

 

登場するヴィランもちゃんと絞られていて、対立軸が無駄に増えてシナリオが破綻するという悲劇は起きていません。それどころか、一人の男がヴィランになるまでの流れを非常に丁寧に描いています。誰がそうなるかはネタバレになるため伏せておきますが、クライマックスの彼とのバトルではスパイダーマンと同じ気持ちで悲しみながら彼を殴りました。

 

そしてもう一つ大きな特徴としては、スパイダーマン以外のプレイアブルキャラクターが存在するという点です。

 

それはスパイディーの女ことMJと、マイルズという青年になります。この二人は本作の第二第三の主人公と言っても過言ではないです。終盤ではこの3人がチームのような存在となって動くことになります。

 

MJはスパイダーマンとのロマンスが描かれ、スパイダーマンのピーターパーカーとしての人間性をしっかりと描いてくれます。本筋にもガッツリと関わって来て、シナリオ面を単調にさせない存在として存在感を発揮していました。

 

マイルズは裏主人公と言っても過言ではない存在で、一般人がスパイダーマンと関わることで精神的に成長していく様が描かれていきます。スパイダーマンファンは彼の名前を聞いてピンと来たかもしれませんが、お察しの通り彼には一つの大きな結末が用意されていて、本作のドラマチックな部分を何倍にも魅力的なものにしてくれています。

 

www.youtube.com

 

不満点!ここもうちょっとどうにかならなかったの!?

ここからは不満点です。

 

まずMJとマイルズの操作パートが非常にダルい。この二人に戦闘能力は存在しないため、必然的にステルスゲームとなるのですが、これがめちゃくちゃつまらない。

 

ステルスゲームとしての作り込みがあまりに甘すぎる。どれくらい酷いかと言うと、敵のAIがとにかくガバガバで、目の前を通過しても気付かれない。

 

そもそもさっきまで爽快なアクションをしていたのに、急にガバガバなステルスゲームにされても困惑してしまう。それも一度くらいなら「お、こういうのもあるんだな」と切り替えられますが、結構な頻度で挿入されるためうんざりしてしまいます。

 

シナリオ的にはMJとマイルズはとても大事な存在ですが、彼らの操作パートはただただ苦痛でしかなかったです。感情移入や愛着を持つ上で操作パートは効果的と言えますが、どうせやるならもうちょっと作り込んだ上でやって欲しかったというのが正直なところです。

 

これが一番大きな不満点ですが、もう一つの不満点としては、あるキャラクターがただただ不愉快ということです。

 

そのキャラクターというのがこちら、シルバー・セーブルです。

f:id:tonii393:20181103113234p:plain

このキャラクターはスパイダーマンと敵対する特殊部隊を指揮する存在です。完全な敵というわけではなく、一応共通の敵を追い掛ける第三勢力的な存在ですね。

 

狙いとしてはアベンジャーズブラックウィドウ的な、戦えて知的なかっこいい女性キャラクターなのでしょうが、正直なところ全て失敗しています。結果から言うと、高圧的で無能な暴力キャラクターにしかなっていません。シナリオ的に彼女が動いたことによって何かプラスに動くわけでもなく、最後まで不愉快なだけのキャラクターとして物語から退場します。

 

いいんです。別に高圧的な点と暴力的な点は全然いいんです。

 

ただ、だったらせめて何かしらの活躍はしてくれというのが正直なところです。高圧的で暴力的で、その上ただただ足を引っ張るだけなので、一体この人はなにをしに来たんだろう、、

 

まとめ

一部不満点もありましたが、それでも総合的には非常によくできたゲームとなっていました。これこそ究極のスパイダーマンゲームと言えるでしょう。続編を作る余地は残されていて、他のアベンジャーズキャラクターの登場も示唆されているので、ゲーム版ユニバースの今後にも期待が膨らみますね。

 

では、DLCなどをやりながら続編の発表を待ちましょう!

「劇場版 名探偵コナン 2019」内容徹底予想!来年の映画はキッドがメイン!コナンは新一に戻る!?

こんにちは!

 

名探偵コナン ゼロの執行人」の爆発的な興行収入に驚かされ、DVD/BDの売上でも驚かされ、スピンオフ漫画「ゼロの日常(ティータイム)」の売上にも驚かされ、更に4D上映まで行われるという、もはや2018年度は完全に 安室透/降谷零/バーボン の年になりましたね。原作のほうでも彼に関する様々な事実が明かされ、おそらく2019年度になっても彼の勢いは続いていくのでしょう。

 

しかし、コナンファンとしては、そろそろ来年――2019年度のコナン映画のほうも気になる時期ではないでしょうか。

 

こちらの記事では、そんな2019年度のコナン映画の内容を、色々と予想していこうと思います。

f:id:tonii393:20181027195151j:plain

出典元

メインとなるキャラクターは怪盗キッド

これは予想と言うよりかは既に名言されている事実ですね。一応情報源を記載しておくと、「ゼロの執行人」の本編終了後の告知映像です。

 

怪盗キッドがはっきりと登場し、「またお会いしましょう~」という台詞を口にします。これで2019年の映画に彼が登場しなかったら逆に凄いです。というか、原作者である青山先生を始めとする関係者なども、キッドの登場を示唆する言葉は口にしているのでまず間違いないです。

 

 

 彼に関して予想を立てるとすれば、一昔前の映画のように、コナンvsキッドを描くことはない、ということでしょうか。形式上対立することはあっても、それを主軸にすることは絶対にないです。

 

原作でも近年の映画でも、彼らは真剣勝負をするには距離が近くなり過ぎました。実際、一番最新のキッド映画である「業火の向日葵」でも終盤になると彼らは完全に相棒として動いていました。まあ、それを言うとキッドの登場する過去作には大体当て嵌まりそうですが、来年も含む今後の映画では、その傾向がますます顕著になることでしょう。

 

キッドの他に工藤新一が登場!?コナンが新一に戻る説

これはちょっと唐突な説に聞こえるかもしれませんが、はっきりとした根拠があります。まず「ゼロの執行人」の本編終了後に流れた来年度の映画の告知ですが、怪盗キッドの他に、もう一つ別のものが映っていました。

 

それはマリーナベイサンズです。

jp.marinabaysands.com

マリーナベイ・サンズとは、シンガポールに存在するホテルのことです。上記リンクをご覧になっていただければ分かると思いますが、間違えようのない特徴的な見た目をしています。このことから、来年の映画では怪盗キッドとマリーナベイ・サンズ、これら二つが最低限登場することになります。

 

これが何故、工藤新一の再登場に繋がるのかと言うと、マリーナベイ・サンズが登場するということは、必然的に映画の舞台はシンガポールになります。

 

シンガポールが舞台になるということは、必然的にコナンもシンガポールに出向かなくてはいけません。そして最後に、コナンには戸籍がないので、あの姿のままではシンガポールには行けません笑

 

もうお分かりですよね。

 

コナンがシンガポールに行くのは、戸籍の存在する工藤新一の姿に戻らなくてはならない、ということです。ちなみにこれは原作のロンドン編においても、まったく同じ展開をやったことがあります。

 

具体的には、コナンがロンドンに行くために、フライトのときだけ工藤新一に戻るというものでしたが、事件に巻き込まれた流れで何度か工藤新一の姿に戻り、最終的に蘭に告白するというものです。めちゃくちゃ省略しましたが、過去にも原作で実際に同じことをやっているのです。

 

これらのことから、シンガポールが舞台になる以上、コナンが新一の姿に戻る可能性は高いと言えるでしょう。

 

尚、キッドが冒頭、シンガポールで大暴れして、その後ずっと舞台は日本、みたいなことになれば分かりませんが笑

 

新一と蘭のラブコメあり!?

さて、新一が出るなら期待されるのは当然のことながら、蘭ちゃんとのラブコメですよね。これについては、あくまでキッドがメインということもあって、どれほど盛り込まれるか不明ではあるのですが、要素自体は確実にあると思われます。

 

根拠としては、1月に放映されるスペシャルアニメにおいて、新一と蘭が彼氏彼女の関係になるということが確定しているからです。このスペシャルアニメというのが1時間スペシャルを2週に渡って放映し、専用のOPまで用意するといった力の入りようになっています。

www.oricon.co.jp

そしてその数ヶ月後に公開される2019年度のコナン映画において、新一が登場するのであれば、当然のことながら付き合いたての二人の描写は用意されているでしょう。ちなみに蘭と新一が付き合っている設定は、2019年度の映画時点に反映されていることは原作者の青山さんが明言済みです。

 

そのため、程度こそ不明ですが、来年のコナン映画においてはほぼ確定的に新一と蘭のラブコメ描写も多少なりとも用意されているでしょう。

 

まとめ

さて、ここまでの予想と事実に基づく来年の映画の内容は以下です。

 

怪盗キッドがメインキャラ

・舞台はシンガポール

・コナンらがマリーナベイ・サンズに訪れる

・コナンが工藤新一に戻る

・新一と蘭が付き合っている

・新一と蘭のラブコメ要素がある

 

それでは特報公開までワクワクしましょう!これらの情報が間違っていれば、何事もなかったかのようにしれっと記事を更新します笑

USJ クールジャパン 2019の情報解禁!エヴァvsゴジラ!帰って来たコナン!進撃のプレショー!?盛りだくさんの内容!

こんにちは!

 

現在USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)では2018年度のユニバーサル・サプライズ・ハロウィーンが大盛り上がり!特に本年度から始まった大人ハロウィンは大盛況で、「ホテル・アルバート」は既に全てのチケットが売り切れてしまうなど、その人気っぷりは完全にモンスター級という感じですね、

 

さて、残すところは冬イベントのみとなり、いよいよ2018年も終わりに近付いてきましたが、遂にクール・ジャパン 2019の情報が解禁されました!

f:id:tonii393:20181024204510j:plain

出典元

 

開催期間は1月18日~8月25日で、ラインナップとしては以下になります。

 

名探偵コナン」、「ルパン三世 XRライド」、「エヴァンゲリオンvsシン・ゴジラ」「進撃の巨人」 「セーラームーン

 

どれもメインを張れるようなビッグタイトルが揃っていますね。5周年を飾るに相応しいラインナップになっているのではないでしょうか。では具体的にこれらがどういったアトラクションとしてやって来るのか記載していきたいと思います。

 

 

 

名探偵コナンはリアル脱出ゲーム!メインはキッド!?

名探偵コナンは2018年度から引き続きリアル脱出ゲームが行われます。コナンのリアル脱出ゲームは毎年映画をテーマにした内容になっています。

 

2017年度は「から紅の恋歌」に合わせて平次をメインに、2018年度は「ゼロの執行人」に合わせて安室をメインに、そして2019年度の映画はキッドが主役なので、十中八九彼がメインのリアル脱出ゲームとなっているでしょう。

 

キッドがUSJに登場するのは史上初!一体どんな仕上がりになっているのか今から楽しみですね。

 

また、コナンはリアル脱出ゲームの他に、「エンターテイメント・レストラン」「パークラリー」も行うようなので、コナンファンはこれだけでも足を運ぶ価値がありますね。

 

ルパン三世はXRライド!激しいカーチェイスを体感!?

USJに初参加となるルパン三世はなんとXRライドです。まず間違いなくカーチェイスが題材になっていそうですね。ルパンたちのハチャメチャな運転に巻き込まれる日が来るとは・・・。

 

ルパンもコナンと同様、「エンターテイメント・レストラン」が開催されるので、そっちのほうも楽しみですね。

 

エヴァンゲリオンvsシン・ゴジラは4Dシアター!

エヴァンゲリオンvsシン・ゴジラは4Dシアターです。サプライズと言う意味では断トツでこれが一番ですね。期待値が高いのは名探偵コナンですが、コナンが帰って来ることは予想できました。

 

しかしまさかエヴァゴジラを戦わせるとは完全に想定外です。こんなことを平気でやってのけるUSJ,恐るべし。

 

エヴァの4Dもゴジラの4Dも、どちらも素晴らしいクオリティだったので、まさに夢の競演ですね。映画の監督がどちらも庵野秀明なので、監督のファンはまたとない映像体験を見逃す手はないでしょう。

 

セーラームーンは4Dシアター!

セーラームーンは今年に引き続き4Dシアターとなっています。ここで気になるのは、今年とまったく同じ内容をやるのか、それとも完全新作なのかという点ですね。当然新作であるに越したことはないですが、今年のやつも非常に出来のいい内容となっていたので、来年も全く同じ内容でも全然許容範囲ですね。

 

進撃の巨人はなんとショーアトラクション!

進撃の巨人はまさかのショーアトラクション!まだ断定はできませんが、おそらくワンピースプレミアショーをやっている場所で行うのでしょう。プレショーのクオリティで調査兵団のアクションが描かれると思うとワクワクが止まりません。

 

しかし、ここで問題になって来るのがワンピースです。進撃の巨人の期間は8月25日までとなっています。そうなると普段ワンピースをやっている期間と被るんですね。さすがにワンピースを畳むことは絶対にないので、一体どういった対応をするのか非常に気になります。

 

無難なところでいくと、ワンピースの期間をずらす、とかですかね。

 

www.usj.co.jp

まとめ

急いでまとめたので所々雑ですが、2019年のクールジャパンはこういった内容になっています。追加情報が出ると、その都度更新していきたいとおもいます。

仮面ライダージオウに火野映司と泉比奈の本人出演が確定!来週からのオーズ編で檀黎斗と激突!?

こんにちは!

 

仮面ライダージオウ、ウィザード編が無事完結しましたね。来週以降がオーズ編で何故か檀黎斗が出演する、ということは以前から告知されていました。しかし肝心のオーズからのオリキャスは全然告知されず、オーズファンからは不安の声が上がっていました。

 

正直なところ僕も、オーズ編に檀黎斗ってなんだよ。いや檀黎斗好きだけどさ、オーズ編のオリキャスが誰もいなくて檀黎斗が出てくるなら、それもう檀黎斗fateオーズ編でいいじゃん。と言う感じの複雑な思いを抱いていました。

 

ところがどっこい次回予告で火野映司出演のサプライズ!平成ジェネレーションズに引き続き映司に扮する渡部秀さんの姿を見ることが出来ました。

 

そしてなんと衝撃なのが、オーズ編では火野映司はなんと国会議員になっていると言うのです!エスニックファッションが特徴的な映司が、スーツ姿に身を包んでいます。ちなみに比奈ちゃんは服飾関係の仕事をやっているようです。

 

アナザーオーズの力を手に入れ欲望の限りを尽くす檀黎斗に、オーズのキャラクターがどのようにして絡んでくるのか今から期待が膨らみますね。

 

ちなみにこちらが次回予告になります。

www.youtube.com

 

僕らの火野映司と比奈ちゃんの姿も確認できます。

 

 

 

仮面ライダージオウ ウィザード編(7,8話)感想!これまででベストの回!次回予告では火野映司と檀黎斗の姿が!

こんにちは!

 

仮面ライダージオウの7話、8話を見たので感想を書いていきたいと思います。フォーゼ&555編のクオリティが非常に高かった上に、僕自身が平成ライダーの中でも555が特に好きということもあって、5話6話を超えることはできないんだろうなと思いながら見たのですが、ところがどっこいウィザード編が今までで一番面白かったです。

 

ウィザードらしい絶望の物語

今回描かれるのは一人の男の絶望の物語です。メインとなっているのは小さな劇場で裏方をやっている早瀬という男性です。小さな劇場は経営難で倒産寸前なところでしたが、そこにタイムジャッカ―が現れ彼にウィザードの力を与えます。

 

彼は小さな劇場の経営を立て直し、支配人である女性のためだけにウィザードの力を使い続けます。誰かを傷つけることなく、ショータイムのためだけに魔法を使用するのです。そして無事劇場の経営はV字回復し支配人の女性も大喜び!早瀬はウィザード早瀬としてマジシャンとしての名声も得ます。

 

めでたしめでたし。

 

とはいかないのがウィザード"らしさ"です。ウィザードとは絶望の物語。結果だけ言うと劇場は畳むことになり、思いを寄せていた女性も別の男と結婚することになります。

 

まさに絶望。早瀬はウィザードの力を、劇場と女性のためではなく、復讐のために使うのでした。

 

555編に引き続き非常に救いのない重たい展開となっています。

 

 

 

絶望的な展開の中にある最後の希望

 

お前の未来は必ず変わるから!

 

絶望こそがウィザードで描かれる物語ですが、しかしそれだけでは当然ありません。ウィザードでは常に最後の希望として操真晴人、仮面ライダーウィザードが描かれてきました。今回はその立ち位置をジオウが担う――のではなく、なんと早瀬自身が担うという展開になっています。

 

ジオウの特徴の一つとして、タイムスリップというものがあります。早瀬は"あのときこうしていれば"という後悔を、ソウゴの協力によって過去の自分に伝えるのです。

 

「勇気を出せ!お嬢さんに思いを伝えろ!結果は変わらないが、お前の未来は必ず変わるから!」

 

未来の自分から提示された"最後の希望"によって、早瀬は支配人である女性に思いを伝えます。そしてその後の結果はあえて描かれません。きっと結局のところ劇場は潰れ、支配人の女性は別の男性と結婚するのでしょう。しかしきっと、あのとき勇気を出せずに絶望した自分を変えることには成功したのではないでしょうか。

 

いやー、ほんとに素晴らしいドラマでした。ウィザード出てないのにウィザードを見ている気分になれます。

 

 

徐々に明かされるウォズの謎

さて、今回特徴的なのは、これまでたまに現れては「我が魔王」しか言わないウォズが、本格的に物語に介入するところです。

 

我が魔法に仲間は相応しくないということで、ゲイツとの間に芽生え始めていた絆を破壊しようと裏工作するなど、草加雅人みたいなことをしていきます。敵でもなければ明確に仲間でもない立ち位置だったウォズですが、今回で彼の黒い部分を少し見ることが出来ました。

 

しかしウィザード編の後半になると、ソウゴが頼み込むことで、割と普通に協力してくれて笑いました。そうあっさりとは本当の意味での仲間にはなりそうにないですが、最終的にはソウゴファミリーの一員になりそうな予感がしますね。

 

また、ゲイツやタイムジャッカ―との過去の因縁などを示唆する場面もあり、今後の展開にも期待が高まります。一つだけ確かなことは、ゲイツはこれまでに一度もウォズに勝ったことがないということ、タイムジャッカ―ですらウォズに手出しはできないということ、これら二つのことでしょう。

 

どんだけ強キャラなんだ笑

 

主軸である早瀬の物語を描きつつも、ジオウの物語も確実に進展していると感じるエピソードになっていました。

 

仮面ライダービースト登場!仁藤攻介が本人出演!

 

はい、ウィザード編からのオリジナルキャストは仮面ライダービーストこと仁藤攻介です。ぶっちゃけ本筋にはまったく関わってこないのですが、【アナザーライダーの出現によって仮面ライダーは記憶を失う。しかしアナザーライダーを倒すと一時的に記憶が復活し変身も可能になる】という説明が彼を通してなされます。

 

そのためちゃんと仮面ライダービーストに変身してくれます。久しぶりに彼の変身を見れて満足です。

 

本筋である早瀬の物語には関わってきませんが、基本設定の説明のための重要な役割として出てきました。そして仁藤らしさも炸裂していて、「皆まで言うな」も聞くことができました。

 

残念ながらウィザードの本人出演はありませんが、ちゃんとウィザードファンも満足できる出来になっていますよ。まあ、ウィザードもフォーゼのときと同様、後姿とかで頑張って対応してはいます笑

 

ラストに神が!次回予告で火野映司と比奈ちゃんの姿も!

 

さて、ウィザード編のラストでは告知されていた通り檀黎斗神が登場します。ここまでは想定通りなのですが、次回予告では火野映司とちゃん比奈の姿が解禁されました。オーズ編なのにオーズからのオリキャスは0かあと思っていましたが、ばっちりとサプライズが用意されていましたね。

 

思わず声が出そうになりました。ちなみにその次回予告と言うのはこちらになります。

 

www.youtube.com

 

では、期待を膨らませつつオーズ編を待ちましょう!1週間後の28日がとても待ち遠しいですね。

 

 

追記

ジオウのTwitterのほうでも告知がされていますね。